ゆきの食魔日記

プチ食魔ゆきのつれづれです。

インド料理レッスン  

インド料理レッスン

今日はみーちゃんと一緒にG宅にやってきました。
本日のメニューは、、、、
茄子と椎茸のカレー
カリフラワーとじゃがいものなんとか、、、、
野菜サラダ
豆カレー
バスマティライス

Gが茄子カレーを作るというので、見ていたら、、、、
大量の椎茸を入れるという、、、、(驚)
私ね、椎茸はあんまり得意ではない。(汗)
少しだけならいいんだけど、4人分で18個も切らされた!(涙)
もうね、ほんと、大量にあるんだよ!
やめてもいいと言われましたが、こういう機会でもないと食べないので、
ここはチャレンジだと、、、、(はぁ、、、、)
いやぁ、どうなることかと思いましたが、意外に食べれました。
めちゃめちゃ美味しいとまではなりませんが、
出されたら、それなりに美味しく食べることが出来ます。
カレー味で椎茸の風味がかなり消されているのがよかったのだと思います。

カリフラワーとじゃがいもは相性いいね。
これは小さく切ったサブジみたいなイメージ。
名前は聞いたんだけど、忘れてしまいました。(汗)

まだまだ色んなインド料理がありそうです。

Posted on 14:37 [edit]

category: 料理雑記

thread: カレー - janre: グルメ

tag: インド料理  料理教室 
tb: --   cm: 2

マッサの仕込み  

マッサ

ザワークラウト仲間と話していると、マッサの話が出てきました。
作り方を聞くと、めっちゃ簡単!
マッサというものの存在も知らなかったんだけど、
パプリカと塩さえあれば作れるらしいとわかり、、、、
とりあえず、作ってみることにしました。
どんなものが出来上がるのやら、、、、

Posted on 16:55 [edit]

category: 料理雑記

thread: 料理日記 - janre: グルメ

tag: マッサ  パプリカ 
tb: --   cm: 0

ザワークラウト3日目  

ザワークラウト

一昨日仕込んだザワークラウト、、、、

ザワークラウト

ちょっと水分が出てきました。
先生は1日1回、ヘラで混ぜろ!
っていうんだけど、これだけキチキチに入っているので、
混ぜるのも結構たいへんなんだけど、、、、(笑)

まだまだ発酵には程遠いな、、、、

Posted on 11:00 [edit]

category: 料理雑記

thread: 簡単レシピ - janre: グルメ

tag: ザワークラウト 
tb: --   cm: 0

ザワークラウト  

ザワークラウト

ロシア料理教室で習ったザワークラウトを仕込みました。
春キャベツ1玉と人参1本をひたすら千切り、、、、
キャラウェイシードと塩でをかけたら、マッサージ!マッサージ!
十分に水分が出たら、瓶に入れて、重しをして放置、、、、

山盛りキャベツを揉み揉みするのは結構な作業でした。
さてさて、これが正解なのかどうかわからないんだけど、
とりあえず、3日間待ちます、、、、

一緒にロシア料理を習った仲間も一斉に仕込むみたい。
私は2番めでした。

Posted on 17:38 [edit]

category: 料理雑記

thread: 美味しいもの - janre: グルメ

tag: ザワークラウト 
tb: --   cm: 0

ロシア料理教室  

ケフィアの苺スムージー

今日はロシア料理教室。
3日間で作るザワークラウトを使用した料理あれこれを作るみたい。
先生は私たちが思うロシア人ってカンジの若くてきれいな人でした。
先生のお宅には調理器具がいっぱい!(驚)
綺麗に整頓されていましたが、かなりの量の調理器具だったなぁ、、、、
1つの食器棚では足りなくて、ワゴンやら、手作りの収納やら、、、、

さてさて、ウェルカムドリンクはケフィアヨーグルトと苺のスムージー。
さっぱりとして、ほんのり甘くて美味しい!
盛り付けもこうだとテンション上がります♪

ロシア風ザワークラウト「カプースタ」

まずは今日のテーマであるザワークラウトの説明。
一から作ると時間が足りないので、
説明だけで調理は先生が作っておいたものを使用します。
説明だと切って混ぜ混ぜして、3日間放置、、、、
なんだけど、どうなることやら、、、、

ヴィネグレットサラダ

説明が終わったら、調理開始!
また板が何枚も出てきて、先生の指示に従って切ったり混ぜたり、、、、
時間がかかるものも多いので、手分けしてやります。

私がビーツを食べるのはボルシチだけなんだけど、
今日はヴィネグレットサラダという、冷たいサラダ。
ビーツが美味しいのはもちろんですが、
じゃがいもが意外に美味しかったのでびっくりしました。

ロシア人はこのサラダは面倒ということで、滅多に作らないんだって。
というのも、じゃがいもを丸のまま茹でて、冷まして、カットして、、、、
これだけで、3日間!(驚)
他の野菜もそんなカンジでやるので、1週間かかるんだって。(驚)
料理人だと、野菜は切ってから茹でるので時間もかからない。
時間がかからないのに、重宝がられる料理だとのことでした。
でもさ、切ってから茹でるのをしないって意味がわからないんだけど、、、、(笑)

ビーツは赤いので、他の野菜に色が移りやすい。
でも、ちょっとの工夫で、移りにくいのだっていうポイントとか、、、、
美味しいビーツの選び方とか、、、、
ビーツって当たり外れが多いので、よかったです。(^^)

ロシアの代表的な酸っぱいスープ 「シチー」

続いてはシチー(^^♪
ロシアの代表的な酸っぱいスープだそうです。
スペアリブで出汁をとった、簡単だけど味わい深いスープ♪
プロのやり方も教えてもらい、よりコク深く仕上がることが出来ました。
ここにもザワークラウトを仕様。
酸っぱいというよりは、さっぱりしたスープってカンジでした。
ボルシチよりは作りやすいんだけど、出汁に時間がかかる!

フライパンで焼き上げる豚フィレ肉のロースト ロシア風ザワークラウトとハーブを添えて

肉をオーブンで焼くのはちょっと敷居が高い!
ということで、フライパンで焼き上がる豚フィレのロースト。
ここにも付け合わせにザワークラウト(^^♪
調味料としても使えるし、付け合わせにもなる。
ザワークラウトってソーセージの横についてるだけ!(汗)
って思ってたんだけど、使い方がいろいろ。

フワフワのパンケーキ「オラディ」

デザートはケフィアヨーグルトを使用したオラディ。
小さいパンケーキだね。
ケフィアヨーグルトがポイントとのことでした。
同じヨーグルトでもケフィアヨーグルトは美にいいんだって。

最近やっとヨーグルトを食べれるようになってきているので、
作ってみようかなって思いはじめています。
まぁ、インド料理にはヨーグルトは必須だからね。

そんなこんなで大満足の料理教室でした。
フルコースなんだけど、簡単に出来て美味しい!
そして、美にいいらしい。(笑)

まずはザワークラウトからだな、、、、

Posted on 11:00 [edit]

category: 料理雑記

thread: 美味しかった♪ - janre: グルメ

tag: ロシア料理  料理教室  ザワークラウト 
tb: --   cm: 2

インド料理教室  

インド料理教室

今日はインド料理教室!
先生はインドに帰ってしまうとのことで、
今日が最後の料理教室でした。(涙)
3回しか行くことが出来なかったのは残念だけど、
仕方ないよね、、、、(はぁ、、、、)

今日のメニューは、、、、
豚もびっくり豚肉カレー
ターメリックライス
旬の野菜サラダ
レモンティー

カレーは豚肉と牛乳を使用。
水を使わないカレーでした。
これは圧力なべで作るカレーなんだけど、
我が家には圧力なべはないのだ。(涙)
いつもなら、普通の鍋でも出来るんだけど、
これは圧力なべがないとダメなんだよねぇ~~~。

真剣に圧力なべを購入するかどうか、検討しないとね。
でも、今までなくてもやってこれたんだから、、、、
って思うしなぁ、、、、
もう少し悩んでみます。
って、悩みながらそのままな気もする、、、、(笑)

Posted on 12:54 [edit]

category: 料理雑記

thread: こんなの食べてみた - janre: グルメ

tag: インド料理  料理教室 
tb: --   cm: 0

シチリア伝統料理教室  

カプリチョーザ『Pizza capricciosa』

今日はイタリア人の先生に習うシチリア伝統料理教室。
2回目の英語での教室です。
前回はガチの英語で散々でしたが、今日はどうだろう、、、、
と、先生も第二外国語なので、めっちゃわかりやすい!
ただ、ちょっとイタリア語なまりがあるので、何でも最後に「a」がつく!
何度も聞き返して、失礼だったかなぁ、、、、
今日はガンガン話す人もいなくて、私が一番話していました。(汗)
クラス違えば、、、、ですね、、、、
先生は典型的なイタリア人ってカンジ!
ずっとジョークを言ってて、みんな笑いっぱなしでした。

ゆで卵を作るとき、茹で卵に作り方を知らない人!
って言われて、ジョーダンで「はいっ!」って答えたら、、、、
今までではじめてだ!と言いながら、丁寧に教えてくれました。
しかも、最後に皮をむくのまで!(驚)
でもね、茹で卵を作るとき、水に塩を入れてから茹でるとむきやすい!
っていうのは知らなかった!
そして、固ゆでの卵は12分なんだって。
いやぁ、冗談でも聞いてみるもんだねぇ~~~。

料理は待ち時間とかもあるので、
色んな料理を行ったり来たりしながら作っていきました。

そして、出来たのはこちら!
少しは面倒な手順がありますが、家でも簡単にピッツァが作れそうです。
下にひくトマトソースも少し下味をつけるといいみたいです。

ナスとパプリカのカポナータ『Caponata di melanzane e peperoni (vegetariana)』

カポナータは一見面倒なんだけど、めちゃめちゃ美味しかったです。
野菜は全部1cm角のサイコロにして、別々に揚げたり焼いたり、、、、
最後に一緒にします。
茄子とパプリカはかなり時間をかけて揚げていました。
想像したよりも、深い味わいで、今まで食べた中で一番美味しかったかも!

本当は冷蔵庫で一晩、一種間置くともっともっと美味しくなるそうです。
大量に出来てしまうのが難点ですが、大きめカットで作ってみたいと思いました。

豚肉のソテー

こちらはシェフのお任せメイン料理。
豚肉を焼いて、タイムと生クリーム、塩胡椒で味付けしてあります。
簡単だけど、トマトの酸味がいいカンジでした。

クレスペッレ・ディ・リーゾ『Dessert: Crespelle di riso al miele ’Catania style’』

最後はお米のミルク煮を揚げたデザート。
オレンジの風味が面白かったです。

いやぁ、最初から最後まで笑いっぱなしの料理教室でした。

Posted on 14:23 [edit]

category: 料理雑記

thread: 美味しかった♪ - janre: グルメ

tag: シチリア料理  料理教室 
tb: --   cm: 0

野菜ビリヤニと豆カレー  

野菜ビリヤニと豆カレー

めちゃめちゃ久しぶりにGの家でごはん♪
今日は野菜ビリヤニと豆カレーをリクエストしました。
去年の7月の終わりにマトンビリヤニを作ってもらいにお邪魔して、
それから8ヶ月ぶりです!(驚)
まぁ、家に行くのが久しぶりになだけで、
Gとはちょいちょい会っているんだけどね。(笑)

今回はみーちゃんと一緒(^^♪
彼女は勝手もわからず、なぜかエプロン持参で来ていました。(笑)
まぁ、料理を教えてもらうのが主目的だけど、
私にはエプロンを持ってくるという発想がなかったなぁ、、、、(汗)
だから、エプロンはいらない!とも言ってなかったんだよね。(反省)

そんなこんなで教えてもらうことになったんだけど、
作り始めるときになって、野菜ビリヤニは初挑戦だという!(驚)
まぁ、直前に野菜ビリヤニってリクエストしたのは私なんだけど、、、、
なぜか、「Challenge!」と言ってはじめたんだけど、、、、
サンバレーホテルのお兄ちゃんもまだ出せるレベルのものは作れないって。
一抹の不安が、、、、

そんなこんなで作ってたんだけど、
みーちゃん、私とGのやりとりを見ていて、漫才みたいだって。。。。
あのぉ、ぜんぜんかみ合ってない気がするんだけど、、、、
でも、彼女、思いっきり笑ってるし、、、、
余計なことばかり話してるけど、
途中途中で聞いとかないといけないところあるし、、、、
う~~ん、何が漫才かはわからん、、、、

Gの料理はレシピがないので、
みーちゃんがメモ係で私は手伝う、、、、
分量はすべて「だいたい」!(笑)
途中途中でSTOPしてもらい、味見、、、、
それが合いの手みたいに見えたのかなぁ、、、、(謎)

で、出来上がったのがこちら!
野菜ビリヤニとパパドと豆カレー。
野菜ビリヤニは、、、、普通でした。
今まで作ったことないってのが問題だったのかも。

そして豆カレーはめちゃめちゃ辛い!(涙)
私が見てないところで、青唐辛子が4本も投入されてたらしい。
「辛い!辛い!」と叫んでたら、「子供みたいだ!」って、、、、
だって、辛いんだもん!

そうそう、野菜ビリヤニを最初、手で食べてたんだけど、
途中で疲れてしまったんだよ。
だから、スプーンで食べようと思ったら、ぜんぜん味が違う、、、、
美味しくないんだよね。
手で食べた方が断然美味しい!
ここまで味が違うのかとびっくりしました。

今日も1人1合くらいは食べてる計算になります。
お店だと1合なんて食べれないんだけど、
ここだと食べちゃうんだよね。(不思議)

突然のお願いだったのに、ごはん作ってくれてGに感謝!

Posted on 14:16 [edit]

category: 料理雑記

thread: カレー - janre: グルメ

tag: ビリヤニ  野菜ビリヤニ  豆カレー  インドカレー 
tb: --   cm: 0

コルタカビリヤニ@ビリヤニアカデミー  

 
 
 
 
 
米+
グレビー
(半分茹でたもの)
グレビー
生肉マリネ
生米式・ヒンドゥ式
炊く
 
パッキ式
蒸し上げる
 
カッチ式
蒸し上げる


ビリヤニアカデミー2回目です。
前回はビリヤニの聖地、ハイダラバードのビリヤニ(カッチ式)でした。
そして、今回はベンガル地方のコルタカビリヤニ(^^♪
グレビーの上に茹でた米を乗せて蒸し上げる、
パッキ式という方法で作るビリヤニです。
これでヒンドゥ式・パッキ式・カッチ式すべてのビリヤニを作りました。
って、家でやってみたのはカッチ式だけだけどね。(汗)
今回教えてもらうパッキ式は近いうちにやってみるつもり。
でも、ヒンドゥ式はやらないだろうなぁ、、、、
だって、ビリヤニっぽくないんだもの!(笑)
やっぱり、ビリヤニは層になってないとね。(^^)

ミーターアター&ケウラウォーター

今回のビリヤニは日本ではまだ食べることが出来ないビリヤニだそう。
というのも、コルタカビリヤニを提供しているお店がないんだって。
このビリヤニ、Meetha attar(ミーターアター)とKevda water(ケウラウォーター)という、
怪しい液体を使用する、独特の香りがするビリヤニです。
ググってみると、ケウラウォーターは発見できましたが、
ミーターアターはビリヤニ太郎さんの所しか見つけることができませんでした。(驚)

 
80茹でた米
30%の茹でた米
グレビー


作り方はまず、グレビーを作り、茹でた米をグレビーの上に重ねます。
それを蒸し上げたら出来上がり!
ハイダラバーディビリヤニの生肉がグレビーになっただけ。
ってカンジがするんだけど、、、、

まずはフライドオニオン(^^♪
これが一番たいへんで時間がかかるし、神経も使うんだよね。
焦げてしまったら、せっかくのビリヤニが台無しだからねっ!

続いて、グレビーを作ります。
いつも思うんだけど、インド料理って焦げ目をつける!
って発想はないのかなぁ、、、、
もうひとつはアク取りを基本しないんだよね。

コルタカビリヤニ@ビリヤニアカデミー 

グレビーが出来たら、じゃがいもと米を茹でる作業を同時進行。
グレビーの真ん中にじゃがいもを入れて、
上に茹でた米を重ねて、蒸し上げたら出来上がり!
グレビーは前日とかに作っておくことも出来るので、
ハイダラバーディビリヤニよりも気楽に出来るかもしれないね。

一般的にビリヤニにはライタ(ヨーグルトのサラダ)がつきますが、
コルタカビリヤニには何もつかないそうです。
ミーターアターとケウラウォーターでかなり香りがついてるからかな?
実際、ライタがなくても違和感ありませんでした。

コルタカビリヤニ@ビリヤニアカデミー 

今回も大成功!(^^)
他のチームのもいただきましたが、我がチームが一番美味しい気がする。
って自分が思うだけなのかなぁ?(謎)
米の茹で加減がちゃんと出来るかどうかがポイントな気がします。
これも近いうちに復習しないと!

そうそう、ビリヤニ太郎さん、念願かなってインド赴任するそう。
あと3ヶ月くらいかな?
日本にいるみたいだけど、その後はインドに行ってしまうそうです。
ビリヤニアカデミーはしばらく無理だね。(涙)
その前に自分でもビリヤニ作れるようになってよかったです(^^♪

Posted on 15:45 [edit]

category: 料理雑記

thread: 美味しかった♪ - janre: グルメ

tag: コルタカビリヤニ  ビリヤニ  ビリヤニアカデミー 
tb: --   cm: 2

アイリッシュ料理教室  

Scotch Egg and Garlic Aioli
Scotch Egg and Garlic Aioli

今日はアメリカ人の先生の料理教室。
セントパトリックデーを祝うアイルランド料理の教室です。

ぐぐってみました。
セントパトリックデーは3月17日。
アイルランドにキリスト教を広めた聖人聖パトリックの命日。
カトリックにおける祭日であり、アイルランド共和国の祝祭日。
だそう、、、、

今回、はじめての完全英語の教室でした。
先生はアメリカ人、レシピも英語 only、もちろん会話も完全英語。(汗)
最初、先生が大まかなレシピを説明してくれたのですが、
耳がぜんぜん慣れないのと、料理用語連発で、
半分くらいしかわからないよぉ~~~!(大涙)
本当に集中して聞いててもこんなカンジなので、先が思いやられます。
こんなことなら、ちゃんとドラマとか観ておけばよかったよ!(はぁ、、、、)

2人くらペラペラの人がいたんだけど、
彼女たちがどんどん質問するのを、ただ聞くだけ、、、、
もうね、必要以上に疲れ切ってしまいました。
まだ料理がはじまる前なのにどうしたものだ、あ、、、、

説明が終わり、デモンストレーションがはじまりました。
ちょっとだけ英語に慣れてきたのと、作る工程を見ているので、
理解も出来るし、気が楽になってきました。
先生には日本語を話さなくても、まわりにいる人には日本語で聞けるしね。(笑)

Scotch Egg and Garlic Aioli

そんなこんなしているうち、あっという間にスコッチエッグ出来上がり!
白ワインと一緒にいただきます(^^♪
私が今まで食べてたスコッチエッグは、
ゆで卵をハンバーグみたいので包んだものだったのですが、
今回はソーセージを包んだもの。
ひき肉にはマスタードやナツメグ、チリなどのスパイス、
ハーブがたくさん入っています。

出来上がりは今まで食べたのとぜんぜん違う!(驚)
まずは見た目!
ソーセージが均一になっています!(驚)
自分で作ると、厚いところと薄いところがどうしても出来ちゃうからね!

Guinness Mustard

もちろん美味しいし、深みもあるし、味わい深い。
おつまみにもなるし、一品料理にもなるね。
今まで食べたのはスコッチエッグではないのだと思いました。(笑)
すごいのはマヨネーズも粒マスタードも自家製だったこと!
マヨネーズは自分でも作ったことがあるんだけど、
粒マスタードを作ることが出来るとわかったのは驚きでした。
ギネスを使って粒マスタードを作るんだけど、
今回は作り方を教えてもらっただけ。
というのも、かなり面倒な手順を踏んで、何日もかかって作るみたいです。

イギリスではスコッチエッグがとてもポピュラーな食べ物みたい。
お店でも普通に販売されているそうです。
ご主人がイギリス人っていう彼女がいたんだけど、
スコッチエッグは過程で作るものではなく、
外で食べたり、購入するものだという認識だそう。
食べるときはケチャップをかけるのが一般的なんだって。
実際、スコッチエッグを作れるって思ってなかったみたいでした。

[広告] VPS


びっくりしたのは、ニンニクのみじん切りの方法!
こんなの、今までみたことない!(驚)
料理人ってこんな切り方するんだぁ、、、、

Home Cured Corned Beef and Cabbage with Guinness Mustard
Home Cured Corned Beef and Cabbage with Guinness Mustard

続いて、コーンドビーフのデモンストレーションです。
牛肉の塊をピクリングスパイスに5日間漬け込み、
それを3時間半ほどコトコト煮込みます。
牛肉が柔らかく仕上がったら、じゃがいも・人参・キャベツなどを入れ、
柔らかく煮あがったら出来上がり!
こちらは赤ワインと一緒にいただきます。

書くとこれだけなんだけど、どれだけ時間がかかってるんだ?
先生ははじまる2時間以上から煮込んでたみたいです。
その前に5日間マリネ!(驚)

Home Cured Corned Beef and Cabbage

私ね、ベルクでコーンドビーフをたまに食べるのですが、
これはちゃんと作ったコーンビーフってカンジだったんだよね。
牛肉がほぐしてあって、それをひとつにまとめてある。
でも、今回のコーンドビーフはよく煮込まれた厚いローストビーフってカンジでした。

箸がスッと通るくらいよく煮込まれたコーンドビーフ!
今度は赤ワインと一緒にいただきます。
ホロホロで味わい深くて、めっちゃ美味しい!
3時間半も煮込むと、味が抜けてしまいそうなんだけど、
しっかり味付けされているし、深みもコクもありました。
粒マスタードもよく合う!

Irish Soda Bread
Irish Soda Bread

アイリッシュ・ソーダ・ブレッドは重曹を使った簡単なパン♪
手順はめちゃめちゃ簡単なんだけど、
ちょっと甘めで美味しく焼き上がっていました。
私ね、パンってあんまり好きではないんだけど、
これは自分で焼いてもいいかなって思いました。
今回は小粒の干しブドウを使っていたのですが、
ナッツでもいいし、チョコでもいいし、いろいろアレンジ出来そうです。

Irish Whiskey Cake
Irish Whiskey Cake & Irish Coffee

デザートはアイリッシュ・ウィスキー・ケーキ(^^♪
恐ろしいくらい砂糖をどっちゃり使用した、
ウィスキー入りのケーキでした。
これね、もうお酒お酒した私好みのケーキ♪
ここにウィスキーをプラスして食べるとさらに美味しい♪
そして、食べていると、あれだけ入ってた砂糖も気にならなくなるのが不思議。(笑)
これまたウィスキーを入れたアイリッシュ・コーヒーとよく合いました。

Irish Whiskey Cake

参考までに、、、、
ものすごい砂糖だとわかっていただけると思います。(笑)
説明を受けてたときはみんな、自分で作るとしたら砂糖を減らすしかない!
みたいに話してたのですが、食べ終わったときにはみんな納得。(笑)





いやぁ、最初はどうなることかと思いましたが、大満足で終わりました。
これでもう少し英語が出来てたら文句ないんだけどな、、、、(はぁ、、、、)

この先生の所属してる料理教室、去年の11月から、、、、
南インド料理(2月)ドイツパン(2月)出汁workshop(12月)
インド料理(去年11月)トルコ料理(去年11月)
と参加し、今回が6人目なんだけど、ダントツでよかった気がします。
後は出汁の教室が勉強になってよかったなぁ、、、、

今回の先生は時間がかかりすぎて、なかなか作れない料理を教えてくれるし、
材料費もこれでもかっ!っていうくらい使ってくれているので、
料金以上に満足感がありました。
今は専業主夫をされているみたいなんだけど、もったいない!
でも、だから料理教室という形で教えてもらえるんだよなぁ、、、、

実際、料理人の仕事の仕方を端々に見ることが出来たので、
本当に興味深かったです。
ちょっとしたことなんだけど、後片付けが最小限になるように調理するとか、
いろんな意味で手抜きはしてないし、、、、
プロってこういうことなんだって本当に感じました。

また機会があったら、行きたいなぁ、、、、
でもその前にレシピを整理しないと!
全部英語なんだよなぁ、、、、(はぁ、、、、)
そして、粒マスタードを作る!
っていう野望を持ってるのだっ!(笑)

Posted on 13:18 [edit]

category: 料理雑記

thread: 美味しかった♪ - janre: グルメ

tag: アイリッシュ料理  料理教室  セントパトリックデー 
tb: --   cm: 2

インド料理教室  

インド料理教室

先週に続き、コースで習ってるインド料理教室にやってきました。
今日は少なくて3人だった!(驚)
本日のメニューは、、、、左から、、、、

オニオンピクルス
インゲンのサブジ
野菜ボールカレー
トマトのライタ
チャナ豆ライス

今回はまぁまぁ美味しかったです。

Posted on 11:10 [edit]

category: 料理雑記

thread: こんなの食べてみました。 - janre: グルメ

tag: インド料理  料理教室 
tb: --   cm: 0

南インド料理教室  

南インド料理教室

今日は新宿で南インド料理教室。
レシピは事前に自分で印刷しないといけなかったんだけど、
我が家のプリンタは今使えないんだよねぇ~~~。
セブンイレブンで印刷しようとしたら、出来ず、、、、(涙)
直前でそんなことをしてるものだから、遅刻してしまいました。(反省)
行くとすでに始まってた!(涙)

iPhone でかろうじて見ることができるレシピをちぇっくしながらの料理教室。
かなり遠いところでデモンストレーションするので、たいへんでした。
今回は材料のみ配布で作り方は自分でメモしないといけなかったので、
ついていくのは、まぁまぁたいへんでした。
とはいえ、今までかなりインド料理を作っているので、
そんなにメモすることもなく、作り方は頭に入りました。
いやぁ、それなりに身についてるものですね。(嬉)

南インド料理教室

出来上がった料理がこちら!
ジンジャーポークカレー『Pork ginger curry』
コリアンダーとニンジンにウタポン『coriander and carrot utapon』
トマトチャトニ『tomato chutney 』
キャロットライス『carrot rice』
りんごのピクルス『Apple pickles』
クリスマス菓子ガラガラをどうぞ『gara gara』
クリスマスカラーサラダ『Muthu original christmas color salad』
お飲み物『Drinks』

どれも簡単で時間をかけずに出来る美味しい料理でした。
実際、11時に始まって、13時半にはお開きだったからね。

Posted on 12:27 [edit]

category: 料理雑記

thread: 料理日記 - janre: グルメ

tag: インド料理  料理教室 
tb: --   cm: 2

インド料理教室  

インド料理教室

今日は最初にはじめた料理学校。
コースで申し込む方式なので、もう少し続くのだ。
今日の献立は、、、、

ホウレンソウのカレー
チャナ豆のサラダ
ポテトの詰め焼き
ココナッツライス

ココナッツライスはまぁまぁ美味しかったんだけど、
これがバスマティライスだったらなぁ、、、、
先生に言ったら、バスマティライスは高いからと返ってきました。
我が家で使ってる日本米、バスマティライスより高かったような、、、、(笑)

ポテトの詰め焼きは詰め物が美味しかった。
ホウレンソウのカレーはまぁまぁ、、、、
チャナ豆は美味しくないな、、、、

Posted on 11:30 [edit]

category: 料理雑記

thread: 今日のランチ! - janre: グルメ

tag: インド料理  料理教室 
tb: --   cm: 0

スパイス講座  

スパイス講座

久しぶりのスパイス講座。
本日のメニューは、、、、左から、、、、
ワダ
厚揚げのサグパニール
紫芋と大根のサンバル
菜花と舞茸のラッサム
苺のライタ
ココナッツチャトニ
ムラコアチャール
レモンダイス
パパド

盛りだくさんでした。
ワダはお店で食べるとき、形が全部違ったり、
変な形してるのが不思議だったのですが、
今回作ってみて謎がとけました!

めちゃめちゃ柔らかい生地を手に取り、親指で穴を開けます。
その後、手を逆さにして生地を油に投入。
これが難しいんだな、、、、

家でもやってみたいんだけど、1つや2つ作るのはなぁ、、、、
だからと言って、作って冷凍して美味しいとは思えないし、、、、
ちょっと考えてみます。

サービスでついてきたムラコアチャール、、、、
私が作るムラコアチャールとまた違って美味しかった。
こっちはサラダっぽいんだけど、発酵してるカンジ。
私のはしっかり塩もみしてるので、食感に違いがあるんだね。

Posted on 18:00 [edit]

category: 料理雑記

thread: 美味しかった♪ - janre: グルメ

tag: スパイス講座 
tb: --   cm: 0

スパイス料理教室  

ハウス食品 スパイス料理教室

ハウス食品のスパイス料理教室にやってきました。
一度は落選したんだけど、敗者復活のメールがきたのだ。
この教室、別の料理教室の友達が見つけて、一緒に申し込んだんだけど、
私だけ行くことになりました。

今日の先生は町田のカレー屋アッチャのご主人。
インドはベンガル地方出身の先生です。
先生、どっかで見たような、、、、
そういえば、ちょっと前に青学駅伝部の原監督と安住アナと一緒に!
先生に聞くと、やっぱりそうでした。

まずはインドあれこれから、、、、
インドは広いので、場所によってカレーの種類がいろいろあります。
南インドの人は野菜、北インドは肉、、、、などなど、、、、

先生はベンガル地方出身。
ベンガルは冬は寒く、高温多湿の雨期があり、
夏は酷暑だそう、、、、

ベンガル料理は魚をよく食べ、主食は米。
豊富な野菜があり、特に冬はたくさん食べるそうです。
素材の味をいかした調理法が特徴なんだって。

ベンガル地方の特徴的なスパイスとは、
ガラムマサラ・スタータースパイス(ホロン)・マスタード。

ハウス食品 スパイス料理教室

続いて、料理の説明に入ります。
まずはサバカレーと野菜カレー。
先生が説明しながら、作っていきます。
そして、チームに分かれて実習。
私が今まで習った方法とはぜんぜん違っててびっくりでした。
基本的にベースが玉ねぎ・ニンニク・生姜・水をミキサーにかけたもの。
最初に玉ねぎを炒めて、、、、という作業はありませんでした。
これだと失敗もなく、簡単です。

ただ、はじめてなので、要領がわからない!(汗)
切り方も特徴的でした。
ということで、出来上がったのがこちら!

サバカレー
野菜カレー
サフランクリーム
スパイスティー

サバカレー、めっちゃ美味しい!
簡単に出来るし、家でもやってみようと思いました。
野菜カレーは本当に野菜たっぷり!
レモンをかけると、急に美味しくなります。
サフランクリームは水切りヨーグルトを使用。
これ、結構美味しいです。

今回の料理、どれも簡単で、失敗なく出来そうです。(^^)

ハウス食品 スパイス料理教室

こちらは先生が作ったもの。
器が違うと、めっちゃ美味しそうだよ!

ハウス食品 スパイス料理教室 お土産

最後にお土産がありました。
スパイスブックとスパイスのセット。
実は、、、、サフラン以外、全部持ってたりします。(笑)

袋のスパイスは小さじ1だったり、小さじ3だったり!(驚)
こんな小さい袋があるんだね。
ちょっとびっくりでした。

スパイスブックはスパイスの説明と料理レシピがずらっと。
ゆっくり読んでみようと思います。













本当は帰りに渋谷で気になったラーメン屋さんに行こうと思ってたんだけど、、、、
あまりにお腹いっぱいを超え過ぎてて、戦意消失。
渋谷の街をブラブラする元気さえなく、、、、(ふぅ~~~。)
重たい身体を引きずりながら、お家に帰りました。(笑)
今日は寝る前になってもお腹いっぱいでした。(驚)

Posted on 13:07 [edit]

category: 料理雑記

thread: 料理日記 - janre: グルメ

tag: スパイス  料理教室 
tb: --   cm: 0

ビリヤニアカデミー@東京  

ビリヤニアカデミー@東京

さてさて、説明の後は調理開始です。
最初に簡単に作り方の説明。
って、作り方の説明は超簡単!
でも、簡単だから難しいんだよね。

まずは鶏肉をマリネします。
これは材料を混ぜ混ぜするだけなので、簡単だね。
スパイスもきっちり量らなくてもいいとのことだったので、
大丈夫そうなスパイスはそれなりに、、、、(笑)

次にフライドオニオンを作ります。
死んでも焦がすな!
を合言葉に一瞬たりとも目を離さずに作りました。
このフライドオニオンの出来が味を左右するそうです。

お次は米を茹でて、、、、マリネした鶏肉と層にしていきます。
それを蒸し上げて出来上がり!

これは先生の鍋です。
こんなカンジに出来上がります。

ビリヤニアカデミー@東京

上の鍋を盛り付けたのがこちら!
めっちゃ美味しそう!

実際、すごく美味しかったです。
鶏肉もジューシーで味わい深い。

ビリヤニアカデミー@東京

そして、私たちのチームのビリヤニがこちら!
ちょっとちょっと!めっちゃ美味しいじゃん!(^^)
ただ、鶏肉をマリネする時間が少なかったので、
その分、味がとがってます。
でも、1日マリネしたら、先生のビリヤニと同じくらいの出来だったと思う。

他のチームのも食べさせてもらったんだけど、
我がチームが一番美味しかった!(笑)
同じレシピで作っても、ぜんぜん違うんだよね。
うちのチームは大成功でした。
もうね、みんな、自画自賛しながら食べてました。(笑)

これは自分でも作れる気がする。
ただ、大量に出来てしまうので、そこがなぁ、、、、
少量だと層にならないので、作りにくいからなぁ、、、、




ずいぶん前にビリヤニの作り方を教えてもらったんだけど、
あのときはクミンって何?どれ?カルダモンって何?
って状態のときだったので、美味しい!で終わってしまったんだよなぁ、、、、
次にすべてを混ぜ混ぜするビリヤニというかタヘリを習いましたが、
やっぱりビリヤニは層になってないと!
そう思ってたところにビリヤニアカデミーがあったんだぁ、、、、
今回はもも肉で作りましたが、自分では骨付きでやってみないと!

私がインド料理教室に通い始めた理由は、
自分でビリヤニを作りたい!
というのが動機だったんだよね。
やっと、自分でも作れそうなビリヤニを教えてもらいました。(^^)

そうそう、今回作ったビリヤニとは違いますが、
ふたつめの作り方がビリヤニ太郎さんのブログにあります。
興味のある方は作ってみては?
ビリヤニの作り方はこちら!

Posted on 14:00 [edit]

category: 料理雑記

thread: 美味しくて、オススメ! - janre: グルメ

tag: ビリヤニ  ビリヤニアカデミー 
tb: --   cm: 0

ビリヤニについて  

今日はビリヤニ太郎さん主催のビリヤニアカデミー!
大好きなビリヤニを作るのだ!(^^ )( ^^)(^^ )( ^^)
今回のビリヤニはハイダラバード式の作り方らしい、、、、
って、ハイダラバード式ってなんだ?(謎)


 
 
 
 
 
米+
グレビー
(半分茹でたもの)
グレビー
生肉マリネ
生米式・ヒンドゥ式
炊く
 
パッキ式
蒸し上げる
 
カッチ式
蒸し上げる


ということで、まずはビリヤニの作り方から、、、、
ビリヤニの作り方は大きく分けて、3つあります。
ひとつめ、、、、米とグレビーを混ぜ混ぜして炊いたもの。
ふたつめ、、、、下にグレビー、その上に茹でた米を乗せて蒸し上げたもの。
みっつめ、、、、下に生肉のマリネ、その上に茹で加減の違う米を乗せて蒸したもの。
それぞれ、生米式orヒンドゥ式、パッキ式、カッチ式というそうです。

ちなみにグレビーとは、、、、
ビリヤニの具(チキンやマトンなど)を煮たソース。
そのまま食べるとカレーにもなる場合あり。

そして、カッチ式のビリヤニの作り方は、
インドでもビリヤニの聖地、ハイダラバードで作られている、
ハイダラバード独特の方法らしい。


 
90%茹でた米
60%茹でた米
30%茹でた米
生肉マリネ


実際にはどんなカンジか、、、、
具材をマリネし、それを鍋の底へ。
そこに30%茹でた米、60%の米、90%の米を重ねて、
それを蒸し上げます。
私が作ったことがあるのは、ひとつめとふたつめ。
全部を混ぜ混ぜするものと、グレビーと茹でた米を重ねるもの。
でも、グレビーを真ん中にサンドしてたような、、、、(笑)

どんなのが出来るか想像できないのですが、楽しみです(^^♪

Posted on 13:30 [edit]

category: 料理雑記

thread: 料理日記 - janre: グルメ

tag: ビリヤニ 
tb: --   cm: 0

ドイツパン教室  

ビールパン

珍しくパンなんて習う気持ちになりました。(笑)
魔が差したとしか思えないんだけど、、、、(驚)

まずはビールパン!
サワー種やイーストを使わず、ビールを使ったものです。
ベーキングパウダーを使うので、寝かせる必要もなし!
こんなパンあるんだね。

ライ麦パン

続いて、ドイツでは一般的なライ麦パン。
こちらはライ麦50%強力粉50%で作りました。
サワー種を作るところからはじめるので、ちょっと大変かな、、、、
ただ、思ったよりは簡単でした。

シナモンロール

最後はハンブルグのシナモンロール。
形が独特。


たぶん、、、、
自分で作るようにはならないかな、、、、

Posted on 15:00 [edit]

category: 料理雑記

thread: 手作りパン - janre: グルメ

tag: ドイツパン  料理教室 
tb: --   cm: 0

インド料理教室  

インド料理教室

新年一発目の料理教室
今回のメニューは、、、、
チキンとグリンピースタヘリ
おもちサラダ
タルカ・ダヒー
ショウガ入り紅茶

まずはチキンとグリンピースのタヘリから。
タヘリってはじめてだけど、基本的には野菜のプラオってイメージだそう。
今回は鶏肉を使用していますが、一般的には使わないそうです。
同じようなイメージのものにビリヤニがありますが、
こちらはごはんと具を別々に用意し、層になってるものです。
プラオやタヘリは一緒に炊き込むので、簡単に作ることが出来ます。

今回はグリーンピースがメインで、出汁のために鶏肉を使用しました。
圧力なべで作ったのですが、なかなか難しい。
使い慣れていない圧力なべだったので、出来たと思って開けたら、
まだまだ水分が残ってて、もう一度圧力をかけることになりました。

インド料理教室

続いて、お餅サラダ(^^♪
焼いたお餅にバターを乗っけて、綿棒で伸ばします。
そこにサラダを乗せて食べる。
さっぱりとして、なかなか美味しい!

インド料理教室

こちらはタルカ・ダヒー。
温かいヨーグルトサラダってカンジかな、、、、
タヘリによく合いました。
ライタよりも好きかも!

インド料理教室

今回はタヘリにじゃがいもが入ってて、お餅サラダ、、、、
すぐにお腹いっぱいになってしまいました。(笑)

生姜入りの紅茶は刺激的。
すぐに実行出来るので、すぐにやってみようと思います。

Posted on 13:00 [edit]

category: 料理雑記

thread: 美味しかった♪ - janre: グルメ

tag: インド料理  料理教室 
tb: --   cm: 0

スパイス講座  

スパイス講座

今年最後の料理教室はスパイス講座でした。
平日夜の講座にも関わらず、1日でいっぱいになったとのこと!(驚)
まぁ、私も詳細が分かる前に申し込んだんだけどね。(笑)

本日のメニューはこちら!
サツマイモと舞茸のココナッツマサラ
茄子のサンバル
柚香のラッサム
りんごとフンザチェリーのライタ
ココナッツライス
パパド

どれも簡単なんだけど、めちゃ美味しい!
今まで3回スパイス講座に参加しましたが、
今回が一番美味しかったかも!
特にラッサムが美味しかったです。
一番シンプルだけど、軽いし、飽きないし、美味しい!
お土産にマサラ&サンバル&ラッサムといただいて帰りました。

そろそろスパイス講座で作ったものを家でも作らないとなぁ、、、、
家では相変わらず、ローガンジョシュばっかだし、、、、(汗)
野菜や豆のカレーの方が飽きがこないと思うんだけどね。

Posted on 20:30 [edit]

category: 料理雑記

thread: 美味しかった♪ - janre: グルメ

tag: スパイス講座 
tb: --   cm: 0

インド料理教室  

インド料理教室

本日のメニュー
キーマ・カレー(カレーベースを使用)
里芋のサラダ
プーリ
ラッシー

今日はあまりに少ないなぁ、、、、
と思ったら、ごはんが出てきました。
里芋はあまり好きではないんだけど、
このサラダは悪くなかった。

Posted on 11:42 [edit]

category: 料理雑記

thread: +お料理教室+ - janre: グルメ

tag: インド料理  料理教室 
tb: --   cm: 0

インド料理教室  

シャンティ・インド料理教室

今日ははじめての先生の料理教室!
もう、長い間料理教室をされているみたいなんだけど、
たまたまメインの料理教室の友達に教えてもらって来ることになりました。
まずは開始時間30分前に集合!
みんなで買い物からはじまります。
八百屋→スーパーとはしごして、教室にやってきました。

今日の料理はクリスマスが近いからなのかな?
パーティメニューだそう(^^♪
まずはおおまかな料理の作り方の説明。
そして、それぞれ、どのように身体にいいかとか、
どのような栄養があるかとかの説明があります。
これがめっちゃ気に入った!(^^)

そこから料理スタートです。
ここの人たち、みんな、めっちゃ手際がいい!(驚)
そうしないと、先生に怒られるからって言ってたけど、、、、(笑)

今までにない切り方もあり、なかなか勉強になりました。

シャンティ・インド料理教室

そうこうするうち、出来上がったのがこちら!

シャンティ・インド料理教室

3グループで作ってたんだけど、2つのテーブルに座って、
みんなでいただぁだきます(^^♪
同じレシピで同じ先生の指導の下、同じ料理を作ったのですが、
それぞれちょっとずつ違う、、、、

シャンティ・インド料理教室

ニラ入りごはんとチキンフライ。

ニラ入りごはんはニラを想像超えた量を入れた、炒飯ってカンジ。
ニラが大量に入ってるんだけど、ニラニラしてなくて、どんどん食べれます。

チキンフライはちょっと辛い!
個人的にはもう少しチリが少なくてもいいかな、、、、
味がしっかり入ってるチーム、味はあまり入ってないけど揚げ方が上手いチーム、、、、
いつものから揚げの合間に食べるのも面白いです。

シャンティ・インド料理教室

手巻きサラダはインド料理なのか?(謎)
インド料理でこれだけ生野菜を食べるとは!(驚)

ドレッシングはディップみたいなカンジ。
マヨネーズをどっちゃり使用していたので、
マヨ好きではない私はどうしようか不安にかられていましたが、
これがね、めっちゃ美味しい!
グリーンレタスにいろんな野菜を乗せて、ドレッシングをかけて食べます。
生のモヤシも美味しいんだよね。
野菜でお腹いっぱいにしたいカンジでした。

左にちょこっと見えるのは、ザフラニ・マラーイ・ドウードという飲み物。
牛乳にスパイスを入れて、熱します。
どんどん熱していくと出来る薄い膜を、湯葉を作る要領で取っていき、、、、
最終的に甘い飲み物になりました。
ほっこりする贅沢な飲み物です。
めっちゃ時間かかりました。(ふぅ~~~。)

シャンティ・インド料理教室

チキンを漬けたスパイスのタレ?
これに千切りの人参とみじん切りのニラを入れて、かき揚げにしました。
有効活用できて美味しい(^^♪

モヤシは芽も根っこも撮らなくていい!
目はマグネシウム、根っこはカルシウムがあるから、、、、
レモンは皮も使うこと!アミノペクチンだからね!
などなど、ひとつひとつ細かい説明がよかったです。

いっぱい食べて苦しすぎる!
でも、重くないし、すぐに身体が軽くなる!
ちょっとお味噌が入ったりしてびっくりでしたが、美味しかった!

Posted on 14:00 [edit]

category: 料理雑記

thread: +お料理教室+ - janre: グルメ

tag: インド料理  料理教室  シャンティ 
tb: --   cm: 2

出汁 Workshop  

出汁 Workshop

夕方の料理教室です。
なんと、午前中のクラスにデジカメを忘れて行ってしまい、
一度家に帰ってから、出汁の教室に行くことになってしまいました。(涙)
その途中、もうひとつの隠れ家に寄ったりしてたものだから、
ぜんぜん時間がないよ!(はぁ、、、、)
慌ただしく、次の会場に行きました。

まずは豆と黒豆!
最初に豆の説明がありました。
まずは黒い豆。
右の丸い黒豆の大きいの(手前)が丹波篠山(ささやま)の黒豆。
奥の丸くて小さいのが北海道ひかりぐろ。
左の楕円形の黒豆が雁喰豆と呼ばれる黒豆です。

出汁 Workshop

拡大写真拾ってきました。
真ん中にしわが寄っているのが特徴です。
東京の老舗と言われるお店では、丹波黒豆は使用せず、
この雁喰い豆を使うそうです。

続いて、黒豆の試食です。
先生が煮てきてくれたものです。
これは去年の丹波黒豆だそう。
釘とか入れなくても、かなり柔らかく、ふっくら煮上がっていました。
もちろん、黒豆の簡単で美味しい作り方を教えていただきました。
簡単といっても、時間だけはめっちゃかかります。

出汁 Workshop

続いて煮干しと田作りの説明。
まずは煮干しと田作りの違いの説明から。
煮干しは読んで字のごとく、カタクシイワシを煮て干したもの。
田作りはただ干したものです。
それで、この色の違いが出るんだって。

出汁 Workshop

続いて、田作りの作り方のデモンストレーション。
一瞬が勝負なので、ちょっとでも気を抜くと失敗するんだって。
母も今年は成功だ!とか失敗だ!
とか、お正月の度に言ってたのを思い出しました。

今回はくるみ入りの田作りだったんだけど、
田作りにくるみを入れるのって、はじめて見ました。
こっちではこういうのって、よくあるみたいだね。

出汁 Workshop

さてさて、本題の出汁です。
左上から、水、鰹節の出汁、鮪節の出汁、白味噌の味噌汁、精進出汁。
鰹節と鮪節、温かいときは鮪節の方がさっぱりしています。
そして冷めると鰹節は旨味と香りが無くなる!(驚)
鮪節はしっかり味が残っています。

老舗の料亭では羅臼昆布と鮪節を使用する所が多いそうです。
比べてみると、それも納得です。

精進出汁ははじめて飲みました。
これがね、半端じゃなく旨いっ!
外国人にもこの出汁は人気だそうです。
動物系のものを一切使用してないのに、ものすごい旨味です。

出汁 Workshop

鮪節で出汁をとる実習です。
今回使用する鮪節はちょっとあつ削りのもの。
透けるように削ってあるのではなく、ちょっとだけ厚みがあるものでした。

澄まし汁でいただくので、塩とホンの少しの醤油で味付けます。
本当はかまぼこを飾り切りする予定だったのですが、
時間がなくて、そのまま、、、、(涙)

たっぷり鮪節を使用し、正しいやり方で出汁をとると、
とっても美味しい出汁をとることが出来ます。
私は広島出身なので、鰹節や鮪節には馴染みがなかったのですが、
ちゃんとしたやり方で出汁をとると美味しい!

出汁 Workshop

田作りは目の前で作っていただいたものと、
前日に作って置いたものを味比べ。
どっちも美味しいんだよなぁ、、、、

出汁 Workshop

田作りはついつい余りがち、、、、
ということで、こんな食べた方を!
パンにカマンベールチーズを乗せて、それと一緒に!
これね、お酒にもめっちゃ合う!
今回は日本酒も提供されました。

出汁 Workshop

黒豆はホイップクリームにも合う!(驚)

出汁 Workshop

片付けが終わってから、、、、
かまぼこの飾り切りの仕方を教えていただきました。
お雑煮にこれが入ってるだけで、テンション上がる!(嬉)

出汁 Workshop

いやぁ、思った以上に簡単に出来るみたいです。
黒豆は雁喰い豆でぜひ作ってみようと思いました。
その前にお店に行って、また先生にいろいろ質問しないと!
そして、今度煮しめを作るときは鮪節だな、、、、

すぐに出来ること!
日本料理だからだと思うんだけど、敷居が低いんだよね。
いろんな面白い話も聞くことが出来て、とっても楽しかったし、勉強になりました。

Posted on 17:00 [edit]

category: 料理雑記

thread: 美味しかった♪ - janre: グルメ

tag: 出汁 
tb: --   cm: 0

インド料理教室  

インド料理教室

(左上から)
プローンパコラ(海老のパコラ)
フィッシュボール(ツナコロッケ)
タマリンドチャツネ
チャパティ
チキンのカバブ
セオ
マドラシ・チャワル(南インド風ごはん)
卵とカリフラワーのカレー

今日はなんだか豪勢でした。(嬉)
何回か前のときに間違いがあったとかで、
いろんなものがどんどん出てきた!(^^)

今日はエビのパコラが美味しかったな、、、、
セオはスナックみたいで美味しい!
ごはんの上にかけて食べてもGOOD!(^^)

タマリンドチャツネは今まで食べて物とちょっと趣が違う、、、、
かなりスパイシーなものになっていました。
甘いタマリンドチャツネもいいけど、これも悪くない。

ただ、、、、
サービスでついてきた卵とカリフラワーのカレー(写真なし)、
これはう~~~ん、、、、

8月の終わりから急に始めたインド料理教室、、、、
今年の教室は来週で終わりです。
特に11月はガンガン行ってたので、疲れたなぁ、、、、
しかも、風邪ひいてたのに、無理して行ってたから余計にね!

年内にローガンジョシュを山羊で作ってみたいんだけどなぁ、、、、
まだマトンで作ったのが残ってるし、
何より家でまでインド料理を食べたくないんだよね。
作りまくってたからなぁ、、、、(はぁ、、、、)

Posted on 12:43 [edit]

category: 料理雑記

thread: こんなの食べてみた - janre: グルメ

tag: インド料理  料理教室 
tb: --   cm: 0

インド料理教室  

インド料理教室

インド料理教室にやってきました。
今日の先生ははじめての先生!
実家がスパイスショップだというインド人の女性です。
ご自宅に着くと、テーブルの上には料理の準備が!

インド料理教室

まずはウェルカムドリンクを飲みながら、インドあれこれ、、、、
インドは広いので、料理の違いとか、スパイスの違いとか、、、、
私が思ってた疑問もあったりして、、、、
ご主人が流暢な日本語で説明してくれました。

ウェルカムドリンク、シナモン・クローブ・胡椒・レモンなどが入った、
とっても体に良さそうな温かい紅茶です。
かなりレモンが効いてたのですが、それが心地いい!

インド料理教室

先生がスパイスボックスを見せてくれました。
インドでは、どの家庭にもスパイスボックスがあるみたいです。
私も自分用のを購入するか迷いましたが、
我が家にあるのは20種類以上!(驚)
今のまま、小さなたタッパーでいいかと、、、、
まぁ、毎日インド料理ってわけではないからもあるんだけど、、、、

インド料理教室

続いて、豆BOX?
いろんな豆が入ったのも!
インドでは色んな種類の豆を食べるんだけど、
何度説明されてもよくわからず、、、、(汗)
同じ豆でも皮つき、皮なし、、、、

落ち着いたら、早速料理開始です。
ここは先生が作るのを見る形の教室でした。
ときどき、丸めたりするのをみんでやったり、、、、

インド料理教室

そんなこんなで出来上がったのがこちら!
手前から、、、、
スキ アラヴィ マサラ『SUKHI ARBI MASALA』
ラガタ パティス『Ragda Pattice』
グリーンコリアンダーチャツネ『Green Coriander Chutney』
スパイス屋特製タンドリーチキン入りトマト プラオ『Tundry chicken and Tomato Pulao』
タマリンド・スイートチャツネ『Tamarind Sweet Chutney』
ラガタ パティス(グリンピースのソース)
キウイのライタ『KIWI RAITA』
にんじんとムングダルのコサンバリ『Carrot Moong Dal Kosambari- Carrot Salad』

インド料理教室

これをひとつのお皿に盛り付けるとこうなりました。
奥の小さなお皿にはラガタ パティス(^^♪
左から、、、、
スキ アラヴィ マサラ『SUKHI ARBI MASALA』
スパイス屋特製タンドリーチキン入りトマト プラオ『Tundry chicken and Tomato Pulao』
キウイのライタ『KIWI RAITA』
にんじんとムングダルのコサンバリ『Carrot Moong Dal Kosambari- Carrot Salad』

インド料理教室

ラガタ パティス『Ragda Pattice』

茹でたじゃがいもと小麦粉を混ぜて、おやきの様に焼いたもの!

インド料理教室

これにドライグリンピースのソース(写真)、
チャツネ、スパイス、SEVというスナックをかけていただきます。
じゃがいもの団子はもっちり!
ソースの上にチリパウダーがかかっているので、かなりスパイシー!

インド料理教室

インドではでっかい鉄板で焼かれているそう。
誰もが大好きなストリートフードなんだって。

ただ、屋台では食べない方がいいと言われました。(涙)
安くて美味しいんだけど、衛生状態が悪いからって。
ショッピングモールであれば、食べてもOKだそうです。

インド料理教室

スキ アラヴィ マサラ『SUKHI ARBI MASALA』

茹でた里芋にスパイスをからめて、カリッと焼いてあるんだけど、
食べてみるまで、ぜんぜん想像できない!
でも、これはこれでありなのかも!
食感がかなりよかったです。
でもね、個人的にはじゃがいもの方がいいかも!
というのも、里芋のねっとり感が苦手な私でした。(汗)

インド料理教室

スパイス屋特製タンドリーチキン入りトマト プラオ
『Tundry chicken and Tomato Pulao』

トマトプラオはインド版チキンライスと言ったところか、、、、
バスマティライスを使用して作りました。
上にはタンドーリチキンを乗せて(^^♪
オムライスにすると絶対に美味しい!
そう思う味でした。
ビリヤニより簡単に出来るので、気楽に作ることが出来ます。
でもね、食べながら思いました。
確かにビリヤニはすっごい特別なときに作るってのがわかる。
作り方も手軽だし、お弁当にも使えるそうです。

インド料理教室

にんじんとムングダルのコサンバリ
『Carrot Moong Dal Kosambari- Carrot Salad』

シリシリした人参と、水で戻したムング豆に、高温で熱したスパイスを!
簡単だけど、見たことないサラダでした。
これね、今日の中で一番美味しかった!
ムング豆を水で戻して、そのまま使用しています。
それもあって、食感が面白いのと、さっぱり、美味しい!
止められない!止まらない!
プラオと一緒に食べても美味しい!
これはすぐに作ることが出来る!
シリシリがないので、千切りになるだろうけど、、、、(汗)

インド料理教室

キウイのライタ『KIWI RAITA』

トマトやキュウリの入ったライタ(ヨーグルトサラダ)は食べたことあるけど、
キウイのライタははじめて(^^♪
ヨーグルトとキウイは合うんだから、美味しいに決まってる!
でもなぁ、玉ねぎも入ってるし、味付けは塩味!
だけど、やっぱり美味しかったです。
プラオに混ぜ混ぜして食べても美味(^^♪

インド料理教室

マルプア『MALPUA』

食べている間に先生が作ってくれました。
牛乳と小麦粉を混ぜたものを焼き、シロップに漬けた甘いデザート。
上にはナッツをパラパラ、、、、
日本にはない食感だけど、悪くない。

いやぁ、芋に米に小麦粉だったので、めちゃめちゃお腹いっぱい!
今まで食べたことのない料理を食べることが出来て、
とってもおもしろかったです。
家ではどれを作ろうか、、、、

Posted on 13:17 [edit]

category: 料理雑記

thread: +お料理教室+ - janre: グルメ

tag: インド料理  料理教室 
tb: --   cm: 2

スパイス講座(応用クラス)  

スパイス講座(応用クラス)

楽しみにしてたスパイス講座(^^♪
2週間前の基礎クラスに続き、応用クラスにやってきました。
前回はスパイスミックスを使用した講座でしたが、
今回は個別のスパイスを使用してのクラスです。
今回も本当に勉強になりました。
すぐに出来ること、ちょっと時間がかかること、、、、
いろいろありますが、頭を整理して、ゆっくり試そうと思います。

今回のメニューはこちら!
ココナッツチャトニ
リンゴ🍎とフンザアプリコットのライタ
大根と南瓜のアヴィヤル(ココナッツとヨーグルトのカレー)
チャナマサラ(ひよこ豆のカレー)
サンバル
マサラドーサ

マサラドーサは私も焼かせてもらいました。
最初に油を引かずに焼くのはびっくりでした。
先生のと比べると、分厚いし、油っぽい!(はぁ、、、、)
練習が必要ですね。

今回も美味しゅういただきました。

Posted on 15:25 [edit]

category: 料理雑記

thread: +お料理教室+ - janre: グルメ

tag: スパイス講座 
tb: --   cm: 0

トルコ料理教室  

トルコ料理教室

今日はトルコ料理教室(^^♪
はじめての所なので、ちょっと緊張、、、、(汗)
先生のご自宅での教室なんだけど、最初から問題が!(涙)
ご自宅徒歩1分以内の所にいるはずなんだけど、iPhone が役に立たない!(汗)
先生の携帯に電話するも出ず、、、、
自宅に電話するも話し中!(はぁ、、、、)
遅れちゃうよぉ~~!
やっと電話が繋がり、、、、徒歩10秒だった!(笑)

エプロンを忘れた私、、、、
てか、エプロンを持ってないのだ!(汗)
今までの料理教室では問題にならなかったんだけど、
ここでは、、、、常連さんと思われる人にめちゃめちゃ怒られ、、、、
先生が僕は気にしないけど、、、、との一言でそのままでよくなりました。
あぁ、、、、怖かった、、、、
あとで先生に、、、色んな人がいるから100均で買ってきた方がいいよって。
この時点でめっちゃ不安な私、、、、

とかいいながら、ウェルカムドリンクを飲みつつ、みんなが来るのを待ちます。
1人遅くなる人がいるので、先に始めることになったんだけど、
すぐにその1人がやってきた!
と思ったら、別の教室と間違えてここに来たみたい。(驚)
そんなこんなで右往左往しているうちに、遅れてる人も来て、、、、
30分遅れでのスタートになりました。
私たちは何も感じてないんだけど、先生は相当焦ってたみたいです。

ここは先生がどんどんあれやれ!これやれ!やりたい人!
なんてカンジで説明して、みんなで作っていきます。
休んでる人は洗い物をしてね!とか、
こっちに集まってちゃんと見て!とか、、、、
3分に1回くらいはオヤジギャグが入り、、、、
いやぁ、私の周りにはこんなにオヤジギャグいう人いないんだけど、、、、(笑)
てか、日本人でもここまで言う人いないぞ!
そして、私が気がつかないと、気がつくまで言い続ける先生。。。。ゴメン、、、、

トルコ料理教室

そうこうするうち、出来上がったのがこちら!
ハイダリ『Haydari』
トルコの野菜グリル:セブジ イズガラ『SEBZE IZGARA』
アダナケバブ『ADANA KEBAB』
ラヴァッシュのパン『LAVAS EKMEK 』
メルジメッキ・チョルバ:トルコスタイルのレンティル豆ポタージュ『Mercimek corbas』

ハイダリは自家製ヨーグルトの水を切ったものに、
チーズやニンニク、ハーブを入れて混ぜたものです。
写真の真ん中にある赤いのが乗ったやつね。
これをケバブや野菜につけて食べるとうんまいっ!
簡単だし、すぐに作れるものです。

野菜のグリルは野菜を特製ニンニクハーブオイルでマリネし、焼いたもの。
ちょっとしたコツで綺麗に焼けるんだね。

ケバブは想像してたのとはぜんぜん違いました。
スパイスは使うんだけど、1種類のみ。
その使い方にちょっとしたポイントがありました。
インドのシークケバブはもっとスパイスが多いのと、野菜が入る。
トルコのはに肉にくしいケバブです。
こちらはパンチックなものと一緒に食べるからかな、、、、
思いっきりメイン料理になるものでした。

ラヴァッシュのパンはフライパンで焼くナンみたいなカンジ。
思った以上に手軽に出来るので、私でも作れるかも!
というのも、私にはパンに関していい思い出がないのだ、、、、(涙)
まぁ、あんまりパンが好きではないってのもあるんだけど、、、、
これは種を作っておいて、冷凍することも出来るので、
そのやり方なども教えてもらえたのがよかった!
そして、簡単なのにめっちゃ美味しい!
冷めても美味しい(^^♪

レンティル豆ポタージュは豆を水で戻す必要がない簡単なやつ。
ミキサーを使用して、あっという間に出来ました。

ということで、いたぁだきます!(^^)
パンにケバブと野菜をハイダリを乗っけて、巻き巻き、、、、
これがめっちゃうんまいっ!
とにかくハイダリが最高に美味しかったです♪

意外に簡単に出来るので、すぐに作れそう♪

トルコ料理教室

自家製ヨーグルトのフルーツパフェ『Meyveli Yogurt』

お腹いっぱいになったところで、デザート!
ヨーグルトとフルーツを層にして、仕上げにアイスクリーム!
これ、ちょっとだけ食べたいときにいいかも!

トルコ料理教室

ヨーグルトとコーヒーは合わない!
とのことだったので、デザートの後にトルココーヒーをいただきました。
これはイブリックにコーヒーの粉とお好みで砂糖ミルクを入れて、煮立たせたもの。
下の方にコーヒーの粉が残るので、それは飲まないとのことでした。
これね、最初はちょっと粉っぽいんだけど、途中からめっちゃクリーミーで美味しい!
トルコでは最後に残ったので、コーヒー占いをするそうです。

トルコ料理教室

今日は出血大サービス!
最後にトルコ紅茶を入れていただきました。
2段になってる上には紅茶と水、下には水を入れ、火にかけます。
下のお湯が沸騰したら出来上がり!
上には濃い紅茶が出来上がっているので、
器には上の濃い紅茶と下のお湯の両方を注ぎます。
トルコ人はお砂糖を入れて飲むって言ってたなぁ、、、、
これもホッとする味でした。

コーヒーと紅茶の器がめっちゃ綺麗だったなぁ、、、、
紅茶のポットもすっごい綺麗!
インテリアにもなりそう!

そんなこんなでトルコ料理教室は終わりました。
帰るときにはすっかり暗くなるくらい、盛り上がって楽しかったよ!

お土産に豆のスープとヨーグルトをいただいて帰りました。
いただいたヨーグルトを使用して、自家製ヨーグルトを作るつもりです。
失敗しないやり方も教えてもらったし、ハイダリを作らなきゃ!

同じスパイス料理だからということで申し込んだトルコ料理教室でしたが、
想像とまったく違っててびっくりでした。
でもね、日本人にも馴染みやすい料理なんじゃないかなぁ、、、、
次回行くときは鯖サンドのときかな、、、、


そうそう、今回使用した食材が購入できるお店も教えてもらいました。
私がいつも購入してる新大久保のナスコから徒歩10秒くらいのお店だった!(笑)
ナスコはインド食材がメインだけど、そこには生ラムもあるとかないとか、、、、
生の骨付きマトンがあったら、ぜひ購入したい!
近いうちに行ってみようと思います(^^♪

ナスコの話をしたら、先生、、、、
「あそこは値段が書いてないから、ひとつひとつ聞かなきゃいけない!」
そうなんだよね、、、、
でも、めっちゃ安いから、私はいつも値段を聞かないで購入してる。(汗)
だから、いつもドキドキするんだけど、、、、(笑)

THE JANNAT HALAL FOOD
http://www.thejannath.com/
(↑↑ここをクリック!)

Posted on 14:00 [edit]

category: 料理雑記

thread: 美味しかった♪ - janre: グルメ

tag: トルコ料理  料理教室 
tb: --   cm: 0

インド料理教室  

インド料理教室

カシューナッツ・コロッケ
ダル(豆)のスープ
カチュンバ(生野菜のサラダ)
サフランライス

頑張って行ったインド料理教室。
体調は最悪で、途中、何度もお手洗いに、、、、(涙)
ダル豆のスープは身体に優しかった、、、、

Posted on 12:02 [edit]

category: 料理雑記

thread: こんなの食べてみた - janre: グルメ

tag: インド料理  料理教室 
tb: --   cm: 0

スパイス講座(基本クラス)(その1)  

スパイス講座(基本クラス)

今日はスパイス講座(基礎クラス)です。
お店に着くと、大量のスパイスが出迎えてくれました。
テーブルの上の青い缶が気になる!
中にはウェットティッシュが入っていました。
めっちゃ期待してたんだけど、、、、(笑)
でも、隠すという意味ではありだよね。

スパイス講座(基本クラス)

最初に豆乳チャイを飲みながら、みんなが揃うのを待ちます。
これはお店で販売しているチャイスパイスミックスを使ってるそうです。

Posted on 12:09 [edit]

category: 料理雑記

thread: いろんな写真 - janre: 写真

tag: スパイス講座 
tb: --   cm: 0

スパイス講座(基本クラス)(その2)  

スパイス講座(基本クラス)

まずは自己紹介から!
続いて、お店でも販売しているスパイスミックスを作っていきます。
4人一組で3グループ(^^♪
それぞれでスパイスミックスを作ります。
ちなみにこれはお店の配合と同じらしい、、、、
とはいえ、グループによって、微妙に味が変わっています。
ここに性格が出るんですねぇ~~~。(笑)

スパイス講座(基本クラス)

ピクリングスパイスミックス♪

スパイス講座(基本クラス)

カレースタータースパイスミックス♪

スパイス講座(基本クラス)

カレーミックス(甘口)♪

スパイス講座(基本クラス)

チャイスパイスミックス♪

スパイス講座(基本クラス)

計量して出来上がったミックスがこちら!
基本クラスということで、
スパイスミックスを使用して料理を作っていきます。

Posted on 12:08 [edit]

category: 料理雑記

thread: 写真日記 - janre: 写真

tag: スパイス講座 
tb: --   cm: 2

プロフィール

カレンダー

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブックマーク

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

QRコード