ゆきの食魔日記

プチ食魔ゆきのつれづれです。

栗だらけの栗ごはん  

栗ごはん

丹波の立派な栗を見つけました♪
ということで、栗だらけの栗ごはんを作る♪

意気込みだけはよかったんだけど、
栗を剥くのってかなり時間がかかる、、、、
特に私の栗ごはんの場合、
一度、焼いてから皮を剥くので、余計に時間がかかるのだ!(涙)

手の皮は剥けそうになるし、指は腱鞘炎の一歩手前!(驚)
栗を剥くのに時間を取られすぎてしまい、
他のものを作る気力がなくなってしまいました。(汗)

栗ごはんのおむすび

でもなぁ、、、、
栗ごはんだけってのもわびしい、、、、
仕方ないので、おむすびでいただくことにしました。

栗だらけの栗ごはんはとても美味しいんだけど、、、、
栗が多すぎる!(驚)
栗の合間にちょこっとごはんがあった!(あれぇ~~~!)
って、カンジになっちゃったんだよね。(汗)

いやぁ、、、、
適量ってあるんだね、、、、
次回からは栗だらけの栗ごはんは作らないことにします。(反省)

Posted on 10:20 [edit]

category:

thread: おうちごはん - janre: グルメ

tag: 栗ごはん 
tb: --   cm: 0

炒飯  

炒飯

何もなかったので、久しぶりに炒飯を作る♪
本当に久しぶりだったんだけど、
パラパラで美味しくできました。
行者ニンニク醤油が効いています♪

Posted on 17:45 [edit]

category:

thread: おうちごはん - janre: グルメ

tag: 炒飯 
tb: --   cm: 0

磯辺バター焼き  

磯辺バター焼き

ゆっくり起きて、朝ごはん、、、、
って、何もないじゃん!(涙)
ということで、お餅を焼いて、、、、と、、、、
スープも作ったから、まぁいいかな、、、、
手抜きだけど、なかなか美味しい♪

Posted on 10:40 [edit]

category:

thread: おうちごはん - janre: グルメ

tag: 磯辺焼き 
tb: --   cm: 0

カレー定食  

カレー定食

今日はなんちゃって、おうちごはんです。(汗)
駅に出展しているカレーとビリヤニを購入♪
温めて、お皿に盛っただけ、、、、(汗)
美味しいんだけど、こんなんじゃダメだよね、、、、

Posted on 19:00 [edit]

category:

thread: おうちごはん - janre: グルメ

tag: カレー 
tb: --   cm: 0

パパイヤチャンプル  

パパイヤチャンプル

お客さんから青パパイヤをいただきました♪
ということで、早速、パパイヤチャンプルを作る♪
悪くはないんだけど、ちょいと水分が少なかったな、、、、
泡盛がないんだから、日本酒でも入れたらよかったのかも!
って、今さらだけど、、、、(汗)

Posted on 20:00 [edit]

category:

thread: おうちごはん - janre: グルメ

tag: パパイヤチャンプル 
tb: --   cm: 0

小網神社@日本橋小網町(その1)  

小網神社@日本橋小網町


小網神社御由緒

武蔵国豊島郡入江のあたりに、
万福庵という観世音と弁財天とを安置する庵がありました。
この庵は恵心僧都の開基で、
観世音と弁財天も僧都の作と伝えられています。
開基の年代は明らかではありませんが、
恵心僧都の歴史を考えれば、
今からおよそ一千年前ということになります。

文正元年(西暦1466年)、庵の周辺で悪疫が流行し、
人々は困り果てていました。
そんななか、網師の翁が海上で網にかかった稲穂を持って庵を訪れ、
数日間をこの庵で過ごしました。
ある夜、庵の開基・恵心僧都が当時の庵主の夢枕にたち、
網師の翁を稲荷大神と崇めれば、村の悪疫は消滅することを告げます。
夜が明け、網師翁の姿は庵にはありませんでしたが、
庵主は恵心僧都の託宣を村人たちに告げ、翁を小網稲荷大明神と称え、
神社を創建して日夜祈願をつづけました。
すると間もなく村の悪疫は鎮まり、
村人たちは歓喜したといわれています。

領主・太田持資公(道灌)も、この御神徳を聞き、
折に触れて、当神社を詣でました。
そして土地を寄附し、
小網山稲荷院万福寿寺と名づけたと伝えられています。
慶長年間(西暦1596~1615年)には、
これらにちなみ周辺地域が小網町と名づけられ、
当神社を氏神と崇めました。

明治維新後の神仏分離令によって社寺は分離、
小網稲荷神社として明治6年7月5日、村社に指定されました。
現社殿・神楽殿は、
大正期の明治神宮造営の工匠長・内藤駒三郎宮大工一門により、
昭和4年に造営されました。
その後の戦禍を免れ、
現在は日本橋地区に残されている唯一の木造檜造りの神社建築となっています。
特に、向拝に施された「昇り龍」と「降り龍」の彫刻は見事なもので、
「強運厄除の龍」として拝されています。
戦後の宗教法人化に伴い、名称は「小網神社」となりました。
社殿・神楽 殿などは現在、中央区の文化財に登録されています。

Posted on 14:48 [edit]

category: 寺・神社・仏閣・史跡

thread: 史跡・神社・仏閣 - janre: 写真

tag: 小網神社 
tb: --   cm: 0

小網神社@日本橋小網町(その2)  

小網神社@日本橋小網町

小網神社@日本橋小網町

小網神社@日本橋小網町

小網神社@日本橋小網町

Posted on 14:47 [edit]

category: 寺・神社・仏閣・史跡

thread: 史跡・神社・仏閣 - janre: 写真

tag: 小網神社 
tb: --   cm: 0

小網神社@日本橋小網町(その3)  

小網神社@日本橋小網町

小網神社@日本橋小網町

Posted on 14:46 [edit]

category: 寺・神社・仏閣・史跡

thread: 史跡・神社・仏閣 - janre: 写真

tag: 小網神社 
tb: --   cm: 0

小網神社@日本橋小網町(その4)  

小網神社@日本橋小網町

小網神社@日本橋小網町


萬福船乗 辨財天「銭洗いの水」

この水で銭を洗い清めると福徳が授かるといわれます。

=============================================


『東京銭洗い弁天』
お金の清め方

一、お手持ちの硬貨などを設置されているザルに入れ、井に浸してお清め下さい。
一、清めた硬貨はお使いにならずに財布の中に納めておくと『種銭(たねせん)』となって新たなお金を呼び、財運向上の御利益があると云われています。

東京銭洗い弁天の社(やしろ)
小網神社

Posted on 14:45 [edit]

category: 寺・神社・仏閣・史跡

thread: 史跡・神社・仏閣 - janre: 写真

tag: 小網神社 
tb: --   cm: 0

小網神社@日本橋小網町(その5)  

小網神社@日本橋小網町

Posted on 14:44 [edit]

category: 寺・神社・仏閣・史跡

thread: 史跡・神社・仏閣 - janre: 写真

tag: 小網神社 
tb: --   cm: 0

小網神社@日本橋小網町(その6)  

小網神社@日本橋小網町

Posted on 14:43 [edit]

category: 寺・神社・仏閣・史跡

thread: 史跡・神社・仏閣 - janre: 写真

tag: 小網神社 
tb: --   cm: 0

小網神社@日本橋小網町(その7)  

小網神社@日本橋小網町

小網神社@日本橋小網町

小網神社@日本橋小網町

小網神社@日本橋小網町

Posted on 14:42 [edit]

category: 寺・神社・仏閣・史跡

thread: 史跡・神社・仏閣 - janre: 写真

tag: 小網神社 
tb: --   cm: 0

小網神社@日本橋小網町(その8)  

小網神社@日本橋小網町

Posted on 14:41 [edit]

category: 寺・神社・仏閣・史跡

thread: 史跡・神社・仏閣 - janre: 写真

tag: 小網神社 
tb: --   cm: 0

小網神社@日本橋小網町(その9)  

小網神社@日本橋小網町

Posted on 14:40 [edit]

category: 寺・神社・仏閣・史跡

thread: 史跡・神社・仏閣 - janre: 写真

tag: 小網神社 
tb: --   cm: 0

東京水天宮@日本橋浜町(その1)  

東京水天宮@日本橋浜町

東京水天宮@日本橋浜町


水天宮について

日本橋蛎殻町で、安産祈願、子授けで親しまれてきた東京水天宮。
もともと福岡県久留米市において、その昔、久留米の鎮守様として祀られてきました。
江戸時代、第九代藩主頼徳公の時、三田は赤羽根の有馬藩上屋敷に分祀され、
以来、庶民の信仰を集め、明治5(1872)年、現在の地に移り、
全国のみならず海外からも大勢の参拝客で賑わってきました。

============================================================


水天宮の由来

天御中主大神とともに、安徳天皇、建礼門院、二位の尼をご祭神といたしましたのは、
おおよそ七百年前もの由縁に遡ります。

平清盛の血をひく安徳天皇は、
源氏の厳しい追及によって京から西へ西へと逃れざるを得ませんでした。

ついに壇ノ浦の合戦で源氏の軍船に取り囲まれ、
祖母の二位の尼に抱かれ、母の建礼門院と共に波間に身を躍らせました。

戦の後、建礼門院に仕えていた官女、
按察使局(あぜちのつぼね)伊勢がひとり源氏方の追っ手から、
九州の千歳川(現在の筑後川)辺り、鷺野ヶ原に遁れて来ました。

局も壇ノ浦で共に入水しようとしたのですが、
二位の尼にとどめられ、
生きてわれら平家一門の霊を慰めよとの命を受けてのことでした。
こうしてこの地に祠を建て、
安徳天皇をはじめ平家一門の霊を祀る日々を送りました。

伊勢は後に剃髪して名を千代と改め、
里人に請われるままに加持祈祷など行っていましたが、
御霊験あらたかにして尊崇する人々が多くなり、
尼御前(あまごぜん)と称えられて慕われ社名を尼御前神社と呼ばれるに至りました。
これが今につづく水天宮の起源と伝えられております。

子供の守護神、安産の神様のみならず、
古来、農業、漁業、航海者の間で信仰され、
さらに病難、火災などの除災招福のご利益をもって聞こえております。

その後、久留米藩第二代藩主有馬忠頼(ただより)公により、
現在の久留米市瀬下町に七千坪の敷地が寄進されて社殿が設けられ、
水天宮本宮として今につづいております。
そのご分霊が、江戸は赤羽根の久留米藩有馬家屋敷に祀られ、
その後、青山から日本橋蠣殻町へと移りました。

ご祭神である、安徳天皇は、御年わずか八歳で海中に沈まれましたが、
その若さでの犠牲ゆえに万民を救うという尊いご神慮と称えられて大きな信仰を集めました。

安徳天皇を慈しみ育まれた建礼門院、
ともに海中に沈まれた二位の尼もまた尊崇され、水天宮に祀られております。

Posted on 13:33 [edit]

category: 寺・神社・仏閣・史跡

thread: お散歩写真 - janre: 写真

tag: 東京水天宮  水天宮 
tb: --   cm: 0

東京水天宮@日本橋浜町(その2)  

東京水天宮@日本橋浜町

東京水天宮@日本橋浜町


宝生辨財天(ほうしょうべんざいてん)

祭礼日 五月第二巳ノ日

御祭神 市杵島姫大神(いちきしまひめのおおかみ)

久留米藩第9代藩主有馬頼徳(よりのり)公が、
加賀藩第11代藩主前田斉広(なりなが)公と、
宝生流能楽の技を競われた際、
辨財天に願をかけ、見事に勝利を収めた。

それ以来、宝生辨財天と敬われ、
芸事をはじめ学業・金運のご利益が名高いと、
現在に至るまで篤く信仰されている。

Posted on 13:32 [edit]

category: 寺・神社・仏閣・史跡

thread: お散歩写真 - janre: 写真

tag: 東京水天宮  水天宮 
tb: --   cm: 0

東京水天宮@日本橋浜町(その3)  

東京水天宮@日本橋浜町

東京水天宮@日本橋浜町

東京水天宮@日本橋浜町

東京水天宮@日本橋浜町

東京水天宮@日本橋浜町

Posted on 13:31 [edit]

category: 寺・神社・仏閣・史跡

thread: お散歩写真 - janre: 写真

tag: 東京水天宮  水天宮 
tb: --   cm: 0

東京水天宮@日本橋浜町(その4)  

東京水天宮@日本橋浜町

東京水天宮@日本橋浜町

Posted on 13:30 [edit]

category: 寺・神社・仏閣・史跡

thread: お散歩写真 - janre: 写真

tag: 東京水天宮  水天宮 
tb: --   cm: 0

豚肉のピカタ  

豚肉のピカタ

簡単にピカタを作る♪
美味しいけど、彩りに欠けるなぁ、、、、(汗)

Posted on 19:30 [edit]

category:

thread: おうちごはん - janre: グルメ

tag: ピカタ 
tb: --   cm: 0

醤油らーめん@藤丸  

醤油らーめん@藤丸

久しぶりに藤丸へ♪
醤油らーめんをいただきます。
でもなぁ、、、、
なぁんか違う気がする、、、、(汗)

Posted on 12:50 [edit]

category: 拉麺

thread: ラーメン - janre: グルメ

tag: 藤丸  らーめん 
tb: --   cm: 0

近所のパスタ屋にて  

ピッツァマルゲリータ

近所のパスタ屋さんにて、、、、
最近、新しい店に変わったので、行ってみることに♪

パスタ屋と書いてあるんだけど、ピッツァもあった!
ということで、マルゲリータを♪
記事がクリスピーでいいカンジです♪

生ハムとキャベツのパスタ

パスタもなかなか美味しい♪
味薄目とお願いしたら、ちょうどよかった。(笑)

Posted on 20:30 [edit]

category: 外食

thread: こんな店に行ってきました - janre: グルメ

tag: パスタ  ピッツァ 
tb: --   cm: 0

大人のショートケーキ&コーヒー@凡  

大人のショートケーキ&コーヒー@凡

久しぶりに凡へ♪
ここで食べるのは、もちろんショートケーキ
とても美味しい♪

ふふ、、、、
お酒の後にケーキってどうなん?(笑)
まぁ、あんまり飲んでないから、いいか、、、、(汗)

Posted on 16:00 [edit]

category:

thread: スイーツ - janre: グルメ

tag: ショートケーキ 
tb: --   cm: 0

休憩  

白ワイン@BERG

昼から飲む♪
とてもうまいっ!

Posted on 14:15 [edit]

category:

thread: お酒 - janre: グルメ

tag: ワイン 
tb: --   cm: 0

モーニングミール@BERG  

モーニングミール@BERG

朝早くから起きて、明治神宮♪
たっぷり堪能したら、お腹が空いてきました。(汗)
ということで、開店間もないBERGへ♪
朝BERG初挑戦だぁ~~~!

あれれぇ~~!
なんか爽やかだぁ~~~!
こんなBERG知らないぞぉ~~~!(不思議)

開店して5分くらいなのに、結構な人がいました。
行列がないのは、手際がいいからだね。
いやぁ、、、、新鮮でした。

通り道だったら、毎日通うんだけどな、、、、

Posted on 07:10 [edit]

category: 外食

thread: cafe - janre: グルメ

tag: berg  朝ごはん 
tb: --   cm: 0

明治神宮(その1)  

明治神宮

早朝に出雲大社に行ったら、とってもよかったので、
今度は朝早く起きて、明治神宮に行くことにしました♪

4時半に起きて、準備♪
急いで、出かけます♪
開門と同時に着くように、、、、

Posted on 05:35 [edit]

category: 寺・神社・仏閣・史跡

thread: お散歩写真 - janre: 写真

tag: 明治神宮 
tb: --   cm: 0

明治神宮(その2)  

明治神宮

同じような考えの人が何人かいるようです。
参道を歩いていると、ときどき人に会うのですが、
朝の挨拶が気持ちいい!
空気も冷たくて、いいカンジでした♪

Posted on 05:34 [edit]

category: 寺・神社・仏閣・史跡

thread: お散歩写真 - janre: 写真

tag: 明治神宮 
tb: --   cm: 0

明治神宮(その3)  

明治神宮

早朝ってさ、拍手が境内に響いて気持ちいいんだよね。

なんていうのかな?
この中は写真を撮ってはいけないことになっています。
なので、後ろを向いて、境内の写真を撮ってたんだけど、、、、

いきなり、、、、
"This place, no photo."

あのぉ、、、、私、日本人なんですけど、、、、(汗)
日本で外国人に間違われたのははじめてです!(驚)
マカオでは最初に中国語、次に英語、最後に日本語で話しかけられたけど、、、、(驚)


ちなみに、、、、
この画像は遠くから、ズームで撮りました。(汗)

Posted on 05:33 [edit]

category: 寺・神社・仏閣・史跡

thread: お散歩写真 - janre: 写真

tag: 明治神宮 
tb: --   cm: 0

明治神宮(その4)  

明治神宮

Posted on 05:32 [edit]

category: 寺・神社・仏閣・史跡

thread: お散歩写真 - janre: 写真

tag: 明治神宮 
tb: --   cm: 0

明治神宮(その5)  

明治神宮

境内にあるベンチでボーっとしていました。
だんだん空が明るくなってきて、これまたいいカンジ♪

Posted on 05:31 [edit]

category: 寺・神社・仏閣・史跡

thread: お散歩写真 - janre: 写真

tag: 明治神宮 
tb: --   cm: 0

明治神宮(その6)  

明治神宮

Posted on 05:30 [edit]

category: 寺・神社・仏閣・史跡

thread: お散歩写真 - janre: 写真

tag: 明治神宮 
tb: --   cm: 0

プロフィール

カレンダー

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブックマーク

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

QRコード