ゆきの食魔日記

プチ食魔ゆきのつれづれです。

鐘楼@明顕山祐天寺  

明顕山祐天寺

明顕山祐天寺

明顕山祐天寺



梵鐘
目黒区指定有形文化財(工芸品)
平成26年9月26日指定
中目黒5-24-53

総高179.6cm、口径102.2cm。
この梵鐘は、享保13年(1728)に
六代将軍徳川家宣(文昭院)の17回忌追善のため、
正室の天英院(近衛煕子(ひろこ))が発願し、
よく享保14年に完成したものです。

鋳造は祐天寺の式内で行われたことが記録に残り、
鋳身には何回かに分けて中損されていった痕跡が見られます。
鐘には祐海上人が撰文した「明顕山祐天寺鐘銘并記」をはじめ、
梵字名号や偈および願文、時の将軍吉宗、願主天英院、
御用懸、工匠の名などが刻まれています。

また鐘の上部には徳川家の家紋の三葉葵、
蕪には天英院のじっかである近衛家の家紋のボタンが陽鋳されています。
徳川家と祐天寺の関係を示すだけでなく、
目黒区の郷土史理療として貴重です。

元文3(1738)年の27解禁追善を期に時の鐘として撞かれることになり、
現在でも朝6時と正午前に撞かれています。

平成27年3月
目黒区教育委員会
関連記事

Posted on 16:54 [edit]

category: 寺・神社・仏閣・史跡

thread: 写真日記 - janre: 写真

tag: 鐘楼  明顕山祐天寺  祐天寺 
tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

プロフィール

カレンダー

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

FC2ブックマーク

FC2カウンター

検索フォーム

リンク

QRコード